ブルーモスク

トルコ・イスタンブールといっていちばんに思い浮かぶのは

 

ブルーモスク(Blue Mosque)」です。

 
                   
でも「ブルーモスク」というのは、ニックネームみたいなもので、        
                   

正式名称は

 

スルタンアフメット・ジャミィ(Sultanahmet Camii)』と言います。

     
                   
ジャミィとはトルコ語でモスク(イスラム教の寺院)のことです。        
                   

スルタンアフメト・ジャミィ(Sultanahmet Camii)はトルコの

 

イスタンブールを代表するモスクで、世界遺産である

 
                   
イスタンブルの歴史地区の歴史的建造物群のひとつです。      
                   

オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって

 

1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。

                   
設計はメフメト・アー。              
                   
世界で最も美しいモスクと評されています。            
                   

世界で唯一優美な6本のミナレットと直径27.5mの

 

大ドームをもち、内部は数万枚のイズニク製の青い装飾

                   

タイルやステンドグラスで彩られ、白地に青の色調の美しさから

 

ブルーモスクとも呼ばれています。

 
                   

夏には音と光のショーも催され、幻想的にライトアップされた

 

夜の姿も楽しむことができます。

 

 

ブルーモスクは10年前に訪れました。

 

路面電車が走っているのに驚きました。「いま時見ないよ~」

 

ボスボラス海峡のそばの都会の中に、モスクがあって

 

すごく広くて大きく、寺院の壮大さに驚かされました。

 

天上から吊り下げられた、ランプの数々・・・。

 

        

「どうやって火をつけたのかしら??」

 

正に中は太陽の光が反射して、ブルーでした。

 

” ブルー ”は、悪いものを流して溶かして新しく

 

始まっていくという意味があります。

 

常に新鮮に新たに、清いこころで神様に接しなさい

 

と言う意味にとりました。

 

トルコ料理が全然口に合わなくて、うどん屋さんばかり探して

 

いましたが、さすがに有りませんでした。

 

    

 

          中庭にて撮影