滝行について

滝行とは滝に入って行う修行のことです。

密教や修験道、神道の修行方法 の一つとして行われています。

 

大自然に恵まれた滝場は、古くより霊験あらたかな滝として信仰されています。

そこにはマイナスイオンが溢れ、大変爽やかで神々しい空間であります。

 

心身の修養、鍛練煩悩や垢や汚れを落とし、さらに 迷い、悩み、障害などを吹っ切ることが出来ます。
 
滝には偉大なパワーがあり、大きな活力が与えられます。
入滝後は、気力がみなぎり、心身共にリフレッシュする爽快感は素晴らしいものが有ります。

 

宇宙の水を浴びていると受け止めて、無心となり一心に経文を唱える事によって、生かされて生きている事に気づかせれる修行の一つとしております。

  

県内を中心に、福岡篠栗養老の滝、那珂川不入道等・・年間をとおして、修行に行っております。

 

写真の滝場は門司港の平山観音です。